使用状況が悪い注文住宅

マイホームの大きな魅力

マイホームは一生に一度の大きな買い物とよく言われますが、多くの人が何十年もの住宅ローンを組んでまで手に入れたいと思うほど大きな魅力があります。昔と比べると金利も低くなっており、それが長く続いているため、住宅ローンを利用して注文住宅を購入する人が増えています。また、昔よりも建築技術が発達しているので、昔と比べて同じ材料や建て方でもコストも低く、費用が安くなっていて、同じ価格でも以前よりは品質の高い住宅が買えるというメリットもあります。マイホームを持つ最大の魅力は、不動産という大きな価値のある資産を手にいれられることです。賃貸住宅で一生暮らしていくという選択もできますが、マイホームを持つことは他には得られない大きな精神的な安心感を得られます。

資産価値を下げる要因に気をつける

資産価値を得られるという魅力のある注文住宅ですが、場合によっては将来価値が下がる物件になってしまうこともあります。終の棲家として購入したマイホームでも、転勤や親の介護、環境の変化などで住み替えないといけなくなる場合も出てくるかもしれません。そんなときは、売るという選択をすることもあるため、注文住宅の資産性について考えておく必要があるでしょう。資産価値が下がる要因はいくつかありますが、その中の一例に使用状況が悪かったために価値が下がったというケースがあります。中古の戸建て住宅を検討している人は、中古物件であっても、できるだけ長く住みたいと考えるのが本音です。そのため、劣化が激しかったり、ニオイがあったりと建物の状態が悪い注文住宅は、将来資産価値が下がる可能性が高くなります。定期的にメンテナンスや修繕、掃除などをすることを心がけることが資産価値を維持することにつながります。