定期的にリフォームやメンテナンスをしている注文住宅

注文住宅の価値を落とさないために重要なポイントを押さえよう

注文住宅は、分譲住宅よりもデザインや設備などにこだわった物件が多く、資産価値の観点からも好意低評価される傾向があります。そうした状況の中、注文住宅の資産価値を長くキープするには、定期的にリフォームやメンテナンスを行って、各部屋の隅々まで良好な状態を保つことが重要となります。トータルサービスに定評があるハウスメーカーや地域の工務店などでは、注文住宅のオーナーを対象とした特別なサポートを行っているところもあり、風水害や老朽化など様々なトラブルが発生した際に冷静に行動をとることが可能です。また、将来的に注文住宅を売却する可能性がある場合は、なるべく地価が安定しているエリアに家を建てることがポイントです。

注文住宅の資産価値の維持に掛かる費用についても調べておこう

注文住宅の資産価値を維持するには、様々な場面で高額なコストが掛かることもあるため、リフォームや修繕などの際のおおまかな金額について、住宅の購入前に調べておきましょう。全国に多数の顧客がいるハウスメーカーの中には、無料で注文住宅のランニングコストのシミュレーションをしたり、ベテランの営業担当者がメンテナンスの必要性について説明したりしているところが多くあります。そのため、限られた予算の中に効果的に住宅のメンテナンスをするために、将来を見据えて信頼できるハウスメーカーを見極めることが肝心です。なお、狭小住宅などの特殊なタイプの住宅を購入する場合は、ハウスメーカーの他に、腕の良い職人がいる工務店にサポートをお願いすることも大事です。