省エネ性能を重視した注文住宅は資産価値が高い!

断熱により光熱費が抑えられる

日本に四季があり冬と夏ではかなり気候の状況が変わります。かつての日本家屋は夏の暑さに対応するために天井が高かったり風通しがよかったりしますが、その分冬は寒くなりがちでした。冬に寒ければその分暖房が必要になるので、暖房費用も掛かるようになるでしょう。現代も夏と冬の問題をいかにクリアするかが課題で、できるだけ価値の残りやすい住宅を建てるなら一年を通してあまり光熱費がかからない仕組みを持たせるとよいようです。そこで取り入れたいのが高断熱材の採用でしょう。壁や床の他窓などに外気の影響を受けにくい素材を組み入れ、自宅内の冷暖房を最小限に抑えられるようにします。高断熱材は通常の壁材よりも高いですが、その分価値を維持できるでしょう。

太陽のエネルギーが使える設備

毎日のように空に昇る太陽ですが、もし太陽がなければ生活は難しくなるでしょう。それだけ太陽は地球上に大きな恩恵をもたらしていますが、それでもまだ太陽の力を使い切れていない部分もあります。新たに注文住宅を建てるときにより太陽の恵みを使える仕組みを組み入れれば、その分電気やガスなどのエネルギー資源の利用を抑えられるかもしれません。屋根の上などに太陽光発電装置を設置すれば自家発電が可能になり、電気を買わなくても電気を利用できるようになります。太陽から得られる熱を利用して温水を作る装置を設置すれば、ガスや電気を使わずにお湯が作れますし暖房に使えたりもします。設備を設置するにはお金がかかるものの、その分資産価値が上がるでしょう。